自分に合う物を

レントゲンを見る歯科医
歯医者に行くとそれぞれの症状に合った治療が行われますが、まれに歯医者で口腔ケアをしても治らない場合があります。例えば歯周病の場合、自覚症状がない上に、血管を通って全身に広がる恐れのある病気でもあります。中でも糖尿病とは密接なつながりがあるので初期の段階で歯医者でしっかりとケアすることが肝心です。 歯を磨く時には、自分に合った歯ブラシで磨くことが大事ですが、歯磨き粉は基本的に使わなくても構いません。Read More

口臭の原因は口内環境

歯科医
人は誰でも多かれ少なかれ口臭を持っています。それは朝起きた時に強く感じる口臭であったり、緊張などのストレスによるものであったりします。いずれにせよ、こういった口臭は唾液の分泌の低下といった生理的なものが原因になっています。これらの生理的な口臭は歯医者に行かなくても水1杯飲むだけである程度においを弱めることができます。また中には、ほとんどにおわないのに、周囲の人の仕草に過敏に反応してしまい自分には口Read More

定期健診も大切

二人の歯科医
歯医者での定期検診は、口臭の原因を知ることができます。歯ブラシや歯磨き粉を使った歯磨きや舌掃除などでできるだけ口の中の環境を清潔にし、体調管理をしっかりと行うことである程度は抑えることができますが、歯が原因である場合は、歯みがきでは解決できません。 歯医者で定期検診を受け、歯石の除去や歯の病気にかかっていないかを診てもらい、正しいブラッシングの方法などを教わることが大切です。Read More

歯磨きが大切

状態をみる歯科医
口臭は周りの人に嫌な思いをさせてしまうために、コンプレックスとして悩んでいる方も少なくありません。口臭は誰にでも多少はありますが、生理的な臭いと、歯の病気によって引き起こされているものと二つあり、対策を行わなければなりません。基本的な口臭対策とは、歯みがきと歯医者での定期検診を受けることです。口臭を抑えるために、歯磨き粉と歯ブラシを使っている方は非常に多いのですが、歯医者で定期的に健診を受けているRead More